滋賀県大津・瀬田・草津にある 小さなお子さまから楽しめるバレエスタジオ

Studio introduction

スタジオ紹介

谷口バレエスタジオの理念

谷口バレエスタジオは、1997 年の開設当初から「全ての生徒に平等に接する」をモットーとしています。
当スタジオでは、才能や家庭環境、年齢に関わらず、バレエが好きな人であれば誰でも楽しくお稽古に打ち込むことができます。
上達の早い子が周りを教え、上達に時間のかかる子は頑張りながら成長する。
自分の内面と向き合い、コツコツと芸術的表現を考える。
そんな風にバレエを通じて、人間的な成長がめざせるスタジオです。

谷口バレエスタジオの理念

協調性や広い視野。根気。思いやり。
バレエはそんな人としての基礎能力を磨いてくれます。

最近の傾向として、「うちの子には集中力・根気がない」「空気が読めない」などの不安を相談される保護者が増えています。
ですがご安心ください。そういう人間的に未熟な部分を、楽しく学びながら育ててゆけるのがバレエというお稽古なのです。

美しく踊るには、広い視野で舞台全体を把握し、周りのダンサーの気配を感じて踊っていくことが大切です。
つまり、「広い視野」と「協調性」が自然と磨かれますし、他者を考える「思いやり」が生まれます。

またバレエの上達には、バーレッスンなどの基礎練習の繰り返しが欠かせません。
バレエが好きだったり上手になりたい一心が「根気」を育むのです。

ダンスの上達や身体面の成長に注目されがちですが、バレエとはこのように内面の方が豊かに成長するお稽古。
礼儀や所作の美しさ、総合芸術に通じた教養は、お子さんが大人になった時の大きな支えとなるでしょう。

ダンス・体操・スケート競技の
「基礎」が身につく。

フィギアスケートや体操競技から、ストリートやジャズなどのダンス競技で活躍する方の中には、
幼少期にクラシックバレエを学んでいた方が大勢います。
または競技を始めてから、基礎が必要とクラシックバレエを学び始める方も少なくありません。

このように、クラシックバレエは多くの競技の基礎となる要素を多く含んでいます。
将来お子さんがバレエ以外の競技や趣味を選ばれたとしても、幼少期にクラシックバレエを学んでいたことは必ず役立つことでしょう。

当スタジオの特徴

Feature 01

英国ISTD 認定講師が2 名在籍

当スタジオの常任講師のうち2 名が英国ISTD(英国インペリアル舞踊教師協会)が認定する、クラシックバレエ指導者としての資格「チェケッティメソッド アソシエイト」を取得しています。
バレエに国家資格はありませんが、英国ISTD 認定資格は指導者の質を示す一つの基準となっており、日本国内にもチェケッティメソッドを取得している指導者は多くいます。ただしチェケッティメソッドの中でも上級資格の「アソシエイト」を取得しているバレリーナはまだ少なく、滋賀県内では数人しか取得していない資格となっています。

Feature 02

舞台で踊れる機会が多い

発表会は2年に1回ペースというダンス教室が多いなか、谷口バレエスタジオは開校より毎年発表会を開催しています。
メインとなる「谷口バレエスタジオ発表会」は毎年夏に大津市民会館をメインホールに開催。また5 周年ごとにびわ湖ホールでの記念開催も行なっています。
また上記夏の発表会のほか、希望者には「春の発表会」、びわ湖ホールで1人で踊ることができる「琵琶湖バリエーションフェスティバル」への参加もサポートしています。

衣装のプロがスタジオに所属
バレエとフラメンコの衣装制作のプロがスタジオに所属しており、細かい相談をしながらオーダーメイドで発表会向けの衣装を作ることができます。衣装制作費は1着2~3万円(幼児~小学生)が目安。中学生以上はリーズナブルな貸衣装が利用できます。
メイク講習会
夏の発表会前には、幼児クラスの生徒と保護者に向けたメイク講習会を行なっており、舞台メイクが学べると好評です。
Feature 03

開放感あふれるスタジオ環境

床には足に負担をかけないバレエマットを使用。スタジオの壁2面が鏡張りになっており、ポージングを確認しながらレッスンに励むことができます。バーの高さも調整できるため、幼児から大人まで最適な高さで利用することができます。
また壁2 面にある開放感たっぷりの大きな窓からは、心地よい風が通り抜けるだけでなく、公園の桜やモミジ、びわ湖花火大会の様子など四季折々の瀬田の風景が目を楽しませてくれます。なお、当スタジオはビルの3 階にありますので、窓をオープンにしていても外からの目を気にせず練習いただけます。